2017 レーザー全日本マスターズ選手権大会 福井県三国町

2017524日〜29

下記の予定を立てて準備しました。
======================================
新日本海フェリー 
苫小牧24日23:30→25日20:30敦賀
敦賀泊は、ルートイン 予約済み
26日三国到着後練習か?  観光か?  
三国は、ばんこ旅館 2泊予約済み
27日 レース
28日 レース終了後、舞鶴まで160km 2時間30分
29日 舞鶴 00:30→20:45 小樽  その後紋別まで4時間

5月24日(水)4時閉店後シティで買い出し
夕食の刺身、唐揚げ、他のツマミ、寿司、カップ麺
朝食のパンか寿司
昼食の刺身、唐揚げ、他のツマミ、寿司
    午後10時 東苫小牧着 乗船手続き後、車で一杯やるか乗船してからか?

  25日敦賀着後、ホテルへチェックインして居酒屋 まるさん屋へ
昨年行ったが今回も是非行きたい。
 26日  のんびり起床、のんびり三国まで行きみんなと合流、乗るか飲むかは自由。

27日、28日レース 
28日レース終了後舞鶴向けのんびりと20時くらいまでに着けば十分。
乗船手続きをしてから夕食に行く。
舞鶴のフェリーターミナルからは居酒屋まで歩いていける。
昨年行って良かった居酒屋 暖家 でも良いし隣の卑弥呼も良さそう
その向かいにもよさそうな店があった。

クーラーバックに 氷・ビール・ウイスキー・日本酒・つまみ・
ビニールバックには船の分を入れて持ち込む。

=======================================

実際の記録

5月24日 午後3時閉店 イオンで買い出しし4

7時半新規オープンした輪厚PAで食事

砂川のPAとたいした変わらずがっかり



8
時半に到着し9時より車の横でいっぱいやる。

フェリーの人が来て運転手の方は飲んでないですよねと確認に来た。

10時頃muraさん到着 乗船後も軽くいっぱいやって寝る。

朝食はフェリーで750円 凪でいい天気のいい船旅である。

今回は、割引があったので個室利用にした。

昼にオープンデッキでいっぱいやっていると
カナダ人と日本人の夫婦がいて話しかけたら気さくに話に入ってきた。
楽しい船旅となった。




18時ころ日本海に沈む夕日がきれい。


敦賀に無事到着し予約していたルートインに21時チェックインし早速、楽しみにしていた、
まるさん屋へ行く、保雄は夕食にも飲んでヘロヘロで上陸となり俺1人でまるさん屋
となる。
刺身盛り合わせ1200円、のどぐろ1800円、蕎麦700円、ビール、日本酒×2と
たっぷりと敦賀の夕食を楽しんだ。合計
5700円と価格も十分満足。

26日ホテルで朝食を食べて9時出発。

1040分東尋坊観光その後、スタンドで聞いた蟹の坊で昼食 俺がビールを頂く


130分ハーバーへ行き艇を下ろし受付しリコール番号を貼り付ける。

駐車場へ行き選手と交流 岡山フリートの人、芦屋の人、九州の人・・・・・

ばんこへチェックインして風呂に入り・・・・・

ばんこにヨットの人がいるとの話で廊下でバッタリ会って部屋へお邪魔することとなる、
ジュリーの佐々木さんと運営の一瀬さんである、その後盛り上がり三国のスナックへ
タクシーで行くはめになる。

10時半くらいに帰ってきて駐車場を覗くとまだやっている、少し話をしてばんこへもどり就寝。

27日 朝7時に食事 会場へ行くが波が高く昼まで待つがレースは中止となる。

サーファーが出ているくらいなので出艇が難しい風も8メートルは吹いていそうなので
自分としては中止がありがたい。

ばんこの風呂に入り隣の洒落た店で海鮮丼でビール2杯頂く。

その後、駐車場の徳丸組長テントへ行き鱈のソテー、3回転、鹿肉のソテー2回転、芋団子1回転食べてもらう。その後レセプション会場へバイキング方式だ、日本酒が北から南まであり素晴らしい。

終了後ホールで女性シンガーの演奏があるというのでバスで帰らずタクシーにして聞いていくことにした。網走もそうした。なかなか生のステージは盛り上がる。トートバックを買いサインをしてもらう。ついでにTシャツにもしてもらった。ヨット関係者がいなかったらけっこう寂しかったかもしれない。

タクシー代は2440円だった。1030分ころ駐車場へ顔を出す。11時ころには帰り就寝。7時に起床食事して会場へ今日は出艇できそうだ。出てから風弱くうねり有り船酔いしゲボゲボ2回、その後なんだかホーンが鳴ってるなーーーーぐらいにしか思わずユラユラしていたが、本部線に近づいてみるともうスタート間近のようである。どこからスタートするかも余裕なくなるべくラインに近づきスタートとなる。

風弱く2上で短縮となる。2レース目下よりのラインギリギリからスタートできた。いい位置である。左よりを走つていたが一気に左に触れて富部ちゃんの次の2番で1上回航する。後ろには加藤会長が居る。その後、加藤会長はコースIと思い違うマークへ行ってしまう。それに釣られて後続は加藤会長に付いて行った。コースOを走っているのは富部ちゃんと俺くらい途中で富部ちゃんにこっちのコースで間違いまいよねと聞いたところ、自信有りで間違いなく確認してきましたとのこと。結局コースOで完走したのは4艇、俺は2番フニッシュとなった。後の艇はDNF3レース目も先ず先ずの所を走っていたが風弱く最終マーク回ってからも抜かれ33位、結果捨てレースもなく総合6GMクラス3位となった。夢のような順位である。

閉会式後は舞鶴へ一直線と思いきや、敦賀で若狭高速道に入れずコースミス大幅に時間ロスして舞鶴へ到着となり昨年言った暖家へ急いで行く、ビール、日本酒、刺身、岩牡蠣、・・・二人で7500円とは安かった。フエリー乗り場へ戻るともう乗船が始まっていて俺の車だけ残されていた。無事に乗船し保雄は就寝、俺は風呂に行きビールを飲んで余韻にしたる。朝食はフェリーでの朝食、昼は三国で買い出しした酒とつまみで一杯やる。やはり疲れがあるのか飲み過ぎかグダグダと寝ていた。夜は食堂へ行ったが混んでいたのでカップ麺で終わらせた。保雄は時間をずらして食べに行ったらしい。小樽着後は紋別まで交代で運転しながら予定通り1時に紋別着となる。家でも軽くいっぱいやってから就寝。次の朝、8時にクラブハウスに艇を下ろして遠征の終了となる。